ごぼうの選び方

ごぼう茶でエイジングケアやダイエットを試みようと言う方、良いごぼうの選び方をご存知ですか。
健康のことを考えるなら旬の時期に買うのが良いですが、四季折々ごぼうの味は変化します。

春ごぼうは香りが良いのが特徴です。
そのため香り高いごぼう茶が出来あがります。

また夏ごぼうはあっさり、さっぱりな味、そして冬ごぼうはなんともうまみが深く味わいがあります。
人それぞれだと思いますが、個人的には冬ごぼうが大好きです。

スーパーに行った際にごぼうを選ぶポイントとしては、泥つきのものがおすすめです。
実はごぼうは洗ってしまうと、鮮度が早い段階で落ちてしまいます。

それから傷の少ないもの、ひげ根が少ないものを選ぶとよいでしょう。
ごぼう茶にする際には皮ごと焙煎、加工すると、ごぼうのサポニン成分を余すところなく摂取できるので、農薬を使っていない産地のものが安心して飲むことが出来ます。

皮を剥くという人はあまり気にならないかもしれませんが、国産、無農薬が基本です。
スーパーで生産者が顔だしで紹介しているものがよいでしょう。

さてよいごぼうを選んだとして、どのようにごぼう茶を作ったらよいか迷うところです。
基本的には皮ごとピーラ―を使って細切りにしてください。

そのため、軽く水洗いする程度にして、汚れが気になる人はタワシを使うとよいでしょう。
またごぼう茶が青くなるという人は煎るときにしっかり煙が出るくらい煎るとよいですよ。

それからダイエットには最近酵素ドリンクも注目を浴びています。
酵素ドリンクの選び方はこちらをご覧ください。