妊婦さん、授乳中のママさんにもお薦めのごぼう茶

私がごぼう茶を飲み始めたきっかけは、妊娠でした。
妊娠中はカフェインの入った飲み物をできるだけ避けたいと思っていました。

普段はほうじ茶を飲んでいました。
ノンカフェインの飲み物といって、真っ先に思いつくのは麦茶でした。

しかし、妊娠が分かったのは真冬の12月でした。
麦茶=夏のイメージがあった私は、どうしても冬に麦茶を飲む気分になれませんでした。

そして、つわりが想像以上に重く、水分もなかなか摂れない状態にもなったのです。
そんな時、たまたま実家でごぼう茶を飲んでいて、試しに飲んでみてハマったのがごぼう茶だったのです。

飲む前は、その名から何となく苦そうとか、渋そうとか、あくが強そうとかマイナスなイメージがありました。
しかし、実際飲んでみるととても飲みやすいものだったのです。

一口で私はごぼう茶のファンになりました。
しかも、実家ではごぼう茶を手作りしていたのです。

スーパーで買ったごぼうを、スライスして天日で干しただけだそうです。
それを瓶に詰めストックしてありました。

急須の中にその乾燥スライスごぼうを入れて、お湯を入れ濾すだけで、簡単にごぼう茶ができるのです。
全く苦くなく、渋くもなく、あくも全く感じず、ごぼうの甘みさえ感じる香ばしいお茶なんです。

私は好きな味です。
わざわざごぼうを買ってきてスライスしなくても、今はティーパックでもごぼう茶を見かけるようになりました。

手軽に試せるので、飲んだことがない方は是非一度飲んでみて欲しいです。
授乳中の今も、ノンカフェインなのでよくごぼう茶を飲んでいる私。

妊娠中や授乳中は、よく便秘になりやすいと言われていますが、この食物繊維が豊富なごぼう茶のお陰か、殆ど便秘にならずに済んでいます。
美肌にもなるので、妊婦さんや授乳中のママさんにもお薦めしたいお茶です。

ごぼう茶の効果効能はこちらもご覧ください。